2025年度入試情報

3つのポリシー策定の基本方針
  1. HOME
  2. 東京神学大学について
  3. 3つのポリシー策定の基本方針

3つのポリシー策定の基本方針

東京神学大学は、福音の宣教に従事する教役者を養成することを、その設立の目的としている。この目的に向けて、入学者選抜から卒業認定・学位授与までの教育の諸活動を一貫したものとして構築・実施するため、学位授与方針、教育課程編成方針、入学者受け入れ方針の3つのポリシーを定める。この3つのポリシーを策定するための基本方針を次の通りとする。

1.3つのポリシーの関係

  • 学位授与方針(ディプロマポリシー)は、本学の建学の精神並びに教育目標に基づき、本学の教育を通してどのような資質・能力を身に付けた者に卒業を認定し学位を授与するのかを具体的に定める基本方針であり、学生の学修成果の目標となるものである。
  • 教育課程編成方針(カリキュラムポリシー)は、学位授与方針に定めた資質・能力(学修成果)を学生が身に付ける上で必要な教育課程(カリキュラム)を編成するための基本方針である。
  • 入学者受け入れ方針(アドミッションポリシー)は、学位授与方針及び教育課程編成方針を踏まえ、教育の目標の実現に向けて、入学者に求める能力や、入学者の受け入れ方法を示すための基本方針である。

2.策定単位

  • 学部、大学院博士課程前期課程、博士課程後期課程それぞれについて、3つのポリシーを定める。
  • 学部に設けられている神学研修志望枠については、広義の伝道者養成と位置づけ、伝道献身枠と一体のものとして扱う。

3.3つのポリシーの運用

  • これら3つのポリシーは、時代や教会の状況の変化の中で、福音の宣教に従事する教役者を養成するという本学設立の目的を果たし続けて行くために、不断の見直しが求められる。
  • この観点から、3つのポリシー及び3つのポリシーに基づく教育活動は、内部質保証向上委員会の責任の下に、定期的に検証することとする。