東京神学大学

Tokyo Union Theological Seminary

学部・大学院

ウェイン・ジャンセン

教授
ウェイン・ジャンセン(Wayne Jansen)
学問が知識の修得であるという事は一般的に理解されているが、牧師になる者は、心やその感情をも学ぶ事が非常に重要である。学生が自らをよく知り、又、クライアントの感情をよく把握できるようになれば、教会や社会により善い貢献できるようになるという事を基盤に、臨床牧会訓練やロールプレーの訓練を中心としたクラスを担当している。真の牧会には実際の場面や状況に即した実習が必要である。それを出来る限り提供したいと考えている。
ウェイン・ジャンセン
略歴
1983年5月 Central College(宗教学専攻)卒業
1983年~1987年 米国改革派教会準宣教師(英語教師)として、私立横須賀学院に奉職
1990年5月 Western Theological Seminary 修士課程卒業
1990年~1991年 Pine Rest Christian Hospital にチャプレンとして勤務
1992年4月 米国改革派教会宣教師として日本に派遣される
1994年3月 東京日本語学校上級課程修了
1994年~2001年 聖隷福祉事業団にチャプレンとして奉職、遠州栄光教会協力宣教師
2002年1月 Western Theological Seminary 博士課程卒業(牧会学)
2002年4月 東京神学大学常勤講師として奉職
2005年4月~2010年3月 東京神学大学准教授として奉職
2010年4月~ 東京神学大学教授として奉職
最終学位
牧会学博士・Western Theological Seminary
学位論文題     
MISSION IN JAPAN USING JAPANESE MYTHOLOGY
AND THE BIBLE: A GUIDE TO CROSS-CULTURAL
PASTORAL CARE
所属学会
専門分野
臨床牧会教育
関連分野
教会実習
長期研究テーマ
日本における臨床牧会教育の在り方
短期研究テーマ
著書・発表論文
  • 「傾聴による牧会」(『紀要』6号〔2003年〕)
  • 「アメリカ改革派教会礼拝の祝い」(『季刊教会』51号〔2003年6月〕)
  • 「牧会カウンセリングと三位一体」(『神学』65号〔2003年〕)
  • 「旧約聖書に基づいた教会の癒し」(『神学』66号〔2004年〕)
  • 「クライアントに見る神の像:父の像」(『神学』67号〔2005年〕)