東京神学大学

Tokyo Union Theological Seminary

学生生活

学生サポート

クラス担任とクラスメート

東京神学大学では、学年毎にクラスを編成しています。毎週火曜日にはクラス別祈祷会を守り、共に祈り合い、助け合って励みます。ここで共に学んだ友は、生涯にわたって、伝道して行く上での同労者となります。また、各クラスには担任の教員がおり、様々な相談をすることができます。

クラス担任とクラスメート

教会実習委員会

「教会と神学校は車の両輪」と言われます。教会での礼拝が土台となって神学の学びが行われ、教室での学びは教会での奉仕につながるものでなければなりません。教会実習委員会は教会と大学の仲立ちになって、日ごろの教会奉仕、夏期伝道実習、神学校日の奉仕実習等をサポートします。

パストラルケアセンター

パストラルケアセンターでは、担当教員が個人的な相談を受け、面接を行っています。また、コーヒーを飲みながら、小グループで聖書研究や現代のさまざまな課題について話し合う交わりの場としても用いられています。

パストラルケアセンター

留学生委員会

東京神学大学のコミュニティーにとって、私達の視野を広げてくれる留学生の存在は貴重なものとなっています。留学生委員会は、日本語を母国語としない学生が、異文化の中で様々な課題や困難に遭遇した時に、相談を受け、留学生のニーズに対応できるよう努めていす。

留学生委員会

人権侵害の防止と対策

学生寮

学生寮

キャンパスの中に学生寮があり、全学生の約半数が生活しています。キャンパスに住んでいる複数の教員が寮監を務めていますが、寮の運営は寮生が組織する寮委員会にゆだねられています。毎朝の寮拝、親睦会等の行事、何よりも共同生活そのものを通して交わりが深まります。

奨学金制度

本学では、経済的事情で召命への応答が妨げられないよう、また、学業を続けられなくなることがないよう、奨学金制度を設けています。
なお、本学の学内奨学金の主な財源は、日本基督教団をはじめとする教会や教会員の方々、国内外のキリスト教主義の団体等から捧げられた、奨学金のための献金および大学の基金利息収入です。