東京神学大学

Tokyo Union Theological Seminary

大学紹介

~ご支援のお願い~ 東京神学大学後援会

後援会活動

東京神学大学後援会の歴史

1960年、日本基督教団総会にて「東京神学大学支援強化に関する建議」がなされました。日本基督教団も所属教会も決して財政的に豊かではないが、将来の伝道者育成の為に、学生数が少なく経営困難な東京神学大学への支援を強化すべきという内容でした。これを受け、翌年3月に大阪後援会、7月に東京後援会が発足しました。その後も全国で次々に地区後援会が発足され、現在では全国24地区・39の後援会が組織されています。最近ですと、2017年に北海道南地区と北関東地区の後援会が発足いたしました。今尚広がる支援の輪に感謝しつつ、一人でも多くの方が東京神学大学を覚え、後援会に御賛同いただけますようお祈りいたしております。

後援会活動

東京神学大学のために祈ってください

祈りは、何にもまして神学教育の力となります。

将来、伝道者となる献身者を送ってください

牧師の数が減少しつつあります。日本の教会には危機が訪れようとしています。

東京神学大学を献金で支えてください

東京神学大学の財政は 「献金・学生納付金・私学助成金」の3本の柱で支えられています。学生が少ない単科大学で、経済的基盤の脆弱な東京神学大学です。是非、憶えて献金して頂きたいのです。

東京神学大学は、日本キリスト教団立唯一の神学教育機関です

毎年の運営経費をまかなうべく、約50%を教団内外の教会と信徒によって、また、キリスト教諸学校、関係諸団体の献金によって支えられています。伝道者なしに教会がありえないように、神学校なしに教会の未来はありません。 神学校を支えることは、教会自身の未来を支えることに直結します。またキリスト教学校にも聖書科教諭を送らなければなりません。日本伝道のため、更なる祈りとお力添えをもって神学校をお支え頂きますよう、お願いする次第です。

諸教会に東神大後援会担当者を

東神大後援会は、全国24地区から組織されています。 各地区では後援会総会、講演会或いは委員会を開き、活発に募金活動が展開されます。講演者の派遣は、後援会事務局へお申し出ください。教会毎に後援会活動を担う担当者が生まれることを願うものです。

税制上の優遇措置

学校法人 東京神学大学は、寄付金募集について文部科学省から特定公益増進法人であることの証明を受けております。 ご寄付いただきましたご献金は、【所得控除制度】または【税額控除制度】のどちらか有利な方を選択し、所得税の控除を受けることができます。

◆所得控除

(当該年中に支出した寄付金額-2千円)が、寄付者の所得金額から控除されます。 控除後の所得金額に応じた税率が乗じられて所得税額が決まります。 ※ 控除対象となる寄付金額は年間総所得額等の40%が上限となります。

◆税額控除

寄付者の所得金額に応じた税率が乗じられて所得税額が決まった後、 (当該年中に支出した寄付金額-2千円)×40% が控除されます。 ※ 控除対象となる寄付金額は年間総所得額等の40%が上限となります。 ※ 所得税控除額は、その年の所得税額の25%相当額が上限となります。

いずれの控除につきましても、寄付をした方が確定申告をする必要があります。 勤務先などで実施される年末調整では、所得控除・税額控除を受けることができませんのでご注意ください。

確定申告書を提出する際には東京神学大学が発行した領収書の添付が必要となります。

領収書裏面に「特定公益増進法人であることの証明書」・「税額控除に係る証明書」が印刷されている場合は領収書だけの提出になります。証明書の印刷がない領収書をお持ちの方は財務課までご請求ください。

ご献金の振込先等

ゆうちょ銀行:00150-5-0005032 学校法人東京神学大学

※口座振替の場合は、恐れ入りますが通信文に、ご献金の種類をいれていただけると幸いです。
例:後援会献金、奨学金等 御不明な場合は下記窓口にお問い合わせ下さい。
後援会・献金に関するお問い合わせ
後援会事務担当:財務課
〒181-0015 東京都三鷹市大沢3-10-30
TEL: 0422-32-4185 FAX: 0422-33-0667
メールでのお問い合わせはこちら
窓口取扱時間:火曜日~土曜日 8:30~17:00 但し土曜日は12:00まで
※夏期期間 火曜日~金曜日 9:00~17:00