東京神学大学

Tokyo Union Theological Seminary

教育・研究活動

公開夜間神学講座の様子

ご一緒に学びましょう ~担当牧師より~

東京神学大学公開夜間講座は、開講から70年を超える歴史ある講座です。長きにわたって多くの方々が学ばれたこの講座の最大の魅力は、なんといっても講義の内容の豊さであります。

1年に10科目、2年で合計20科目。聖書神学や組織神学、歴史神学、実践神学といった、いわゆる「神学」はもちろん、音楽や美術、時にはメンタルケアに関する講義が行われる場合もあります。このように、色々な角度から学ぶことによって、聖書について、神様について、体系的に学ぶことができるのです。各科目、6回講義が行われますが、もっと学びたいと思えるほど、充実した講義が行われています。そして、20科目すべてを修了(各科目6回の講義中、4回以上の出席が条件)されると、講座修了となり、毎年3月に行われる修了式で修了証書が授与されます。

講座は、毎週月曜日と金曜日の午後6時から8時まで行われていますが、お仕事やご家庭の都合などで、すべての科目を受講できない方には、科目受講、あるいは聴講をお勧めします。科目受講は、2年以上かけて自分のペースで20科目を受講する方法です。実際、昨年、4年間講座に通い続けられ、修了された方もおられます。聴講は、興味のある科目のみを選択し、受講する方法です。週に2回、2年間通うのは難しいと思われる方も、まず、1科目からでも学び始めてみてください。そこから、新たな神学への興味も湧いてくると思います。

また、毎週の講義の他に、夏と春の2回、研修会が行われます。1泊2日で行われる夏期研修会は、講師の講演と分団による話し合いを中心に行われ、深い学びの時を過ごします。春季研修会は、銀座教会の礼拝堂をお借りし、講演会を行います。どちらの研修会も、受講生以外の方も参加できるプログラムで、より広い交わりと学びの時となっています。また、講義以外に、食事を共にしながら受講生同士の交わりを深めるクラス会やクリスマス祝会などの行事も予定されています。

この夜間神学講座は、その名の通り神学を学ぶことが目的です。しかし、単に個人の学びに留まるのではなく、神学を学ぶことで、自分の信仰をより深いものにし、その信仰と学んだ知識をもって、それぞれの属しておられる教会に奉仕することも、大きな目的であります。伝道の不振、教勢の低下、献身者の減少など、教会を取り巻く環境は、決していいとは言えないかもしれません。しかし、夜間講座に出席されている方々は、生き生きとし、喜んで学んでおられます。そして、それぞれの教会で、賜物を活かし、奉仕の業に励んでおられます。ですからぜひ、皆さんもこの学びの交わりに加わっていただきたいと思います。きっと、学びの喜びと共に、伝道の喜びに満たされることと思います。
 
日本基督教団江戸川松江教会牧師
夜間講座担当牧師  山下 泰嗣

行事のご案内

2019年度の主な行事

2019年3月25日(月)入学面談
4月 1日(月)開講式
5月31日(金)クラス会
8月26日(月)~27日(火)夏期研修会
12月13日(金)クリスマス会
2020年3月9日(月)春季研修会
3月13日(金)修了式

受講生インタビュー

豊かな学びを仲間と共に

71期生 竹田 理絵

 神学とはいったいどういう学問なんだろう。それを知るために、東神大で神学を教えていらっしゃる先生方から直接学びたい、全体像をつかみ本質に近づくために体系的に学びたいと考え、正規生として入学しました。
 わずか6回に詰め込まれた溢れんばかりの豊かな講義内容には、圧倒され飲み込まれるような迫力と楽しさがあり、一言一句聞き漏らしたくなくて、その日に残された力をかき集め、真剣に聞き入ってしまいます。
 ひとつの講座を終えるたびに、不確かだったものに確かな土台が作られていき、こんがらかっていたものが結びつきを正されていくように感じています。
 同じく真剣に取り組む仲間と出会い、講義について、信仰について、率直に語り合い、励まし合いながら、共に学んで来れたことがまた嬉しく大きな喜びです。
 夜間講座で得た豊かな学びを信仰生活の柱とし、仲間と支え合い学び続けていきたいと思っています。

宗教改革と日本、そして私

71期生 丸田 宜利
 当神学講座では、所属教会の聖日礼拝・祈祷会に於ける牧師の説教・礼拝を更に掘り下げ、時代背景、他聖書との関連、そして神様の御心に立ち返って、解き明かして頂き、感謝・満足の毎・月金曜日です。
 当期受講は折しもルターによる宗教改革500周年に当り、イエス・キリスト誕生・聖霊降臨からのキリスト教の歴史・宣教活動を辿り、ルター他による批判、改革運動経て、今日の信仰・礼拝のあるべき姿を学ぶ機会となりました。
 その過程で気になったのは、従来のカトリックの信仰を支えた聖職者・信徒達は、宗教改革をどう受け止め、どう改善し今日に至ったのかという点でした。「95箇条の提題」の後、結成されたイエズス会は世界宣教を開始しました。主要メンバーであるフランシスコ・ザビエルはインド・東南アジアから日本を目指します。1549年、薩摩藩主と接見、日本布教を開始しました。長崎・山口・京都。藩主達を含め3百万人(人口の約10%)が信徒になったとの記録があります。豊臣氏、徳川幕府により、禁教・弾圧が強まり、棄教を拒否した信徒らは拷問の上処刑されました(二十六聖人殉教他)。主に長崎がその舞台となり、一部は隠れ(潜伏)キリシタンとして江戸時代の表部分から消えました。
 存在の恐怖からキリストに一縷の望みを託した小学生時代を長崎で、真理をキリストを求め続けた中・高時代を母方の田舎であり、薩摩藩主とザビエルが接見したという鹿児島県・伊集院で過ごしました。以来40年の流浪の民を経て還暦を過ぎた頃、神様に助けて下さいとお願いし、救いの恵みの浴しました。

担い合う伝道

67期生・現在聴講生 八木 健
 2013年4月、神学の何たるかも知らないまま、引き入れられるように夜間講座に飛び込みました。信仰告白から30年以上、教会では長老を卆なく?熟し壮年部の聖研にも積極的に参加していましたが、「そもそも自分は何を信じて来たのだろうか?」、「神様ってどんな方だろうか?」「教会の交わりって?」など根本的な問いが湧いていて、極めて不確かな自分がそこにおりました。会社を退任したばかりで、ポッカリと心の中に穴が開いていた時でもありました。渇きを覚え水を求めるように毎回語られる神学の授業は目から鱗の連続で、先生が語られることをそのまま受け取るように心掛けていました。渾身の力を込めて語る先生方に圧倒されながらも聞き逃すまいとノートを取る自分がいました。それが何時しか生活の一部分になりわたしの時間となって行き、受講した翌朝の食卓では妻に授業の内容について話すようになっていました。
 一泊での夏期研修会は、そのテーマが更に深められ神学に触れる喜びを感じながら、信仰生活や教会の悩みなどを語り合う豊かな交わりを経験出来ました。
 母の大病、父の死、特に父の病室に寝泊りしながら約一週間真冬の授業に通ったことは至福の喜びとして忘れることが出来ません。2015年3月、67期生として2年間の夜間講座修了証書を戴きました。そして、教えて戴いた先生方の寄せ書きに感動しました。
 一年のブランクの後、「神学の学びに終わりはありません」との寄せ書きの言葉を思い出し、具体的なテーマを持って聴講生として再び夜間講座に通い始めました。一年間に6~7講座、自分で学びたい授業を選んで教会の伝道奉仕に役立つことが出来ればと学んでいます。自らの知識ではなく、そこで学んだことを少しでも教会の中で生かして行きたい。多義に亘って広く深く学んだことが教会の様々な奉仕の中で行かされて行ければと。その喜びを感じて講座に戻って行き、いつも励まされて教会へと押し出されて行きます。
 復活のイエスは弟子たちに「あなたがたの上に聖霊が降ると、あなたがたは力を受ける。」と述べられ、弟子たちは「地の果てに至るまで」イエスの復活の証人として立てられ、遣わされて行きました。今わたしたちの通う教会が建てられている地こそが「地の果て」であり、歴史を貫き世界の隅々にまで広がり、ただ一つのキリストの体である教会の壮大さを学びました。全ての教会において聖霊が働き、伝道の業が為され、その壮大な世界に広がるキリストの体に繋がる教会としてそれぞれの住む地における伝道の業を一人一人が担っていることを学びました。そして伝道は牧師や教師だけが担うものではなく、全信徒も担うことであると「全信徒祭司性」をテーマにした夏期研修会で学びました。
 わたしが住む地域においても伝道は厳しい状況に置かれています。しかし、自分が本当に無力な者であることを思い知り、神様のみに頼る。そこに立つことが伝道のスタートであり、教会の諸集会で互いに聖なる業に仕え合い、共に担い合うことこそ伝道に繋がると信じています。続けられる限り聴講しようと願っています。 在主