東京神学大学

Tokyo Union Theological Seminary

学部・大学院

大学院神学研究科

神学研究科の特徴

大学院・神学研究科博士課程前期課程には、東京神学大学神学部で神学の研鑽を終え、一定の成績と学士(神学)の学位を取得した者が、入試面接を経て進学することができます。また、他大学で神学を学び、学士(神学)を取得したものも、大学院入試を受けて入学することができます。聖書神学専攻、組織神学専攻から成り、学生は、それぞれ自分の専攻ごとに定められた諸科目を履修し、専門分野での修士論文を書くことが義務づけられます。学部で修得した知識を生かしながら、組織的体系的な神学的思考を養うとともに、伝道者としての職務に必要な実践的な知識をも学びます。

神学研究科の学び

教職課程

中学校・高等学校の教員となるために必要な教育職員免許状を取得するための課程として、本学では、教職課程を有しています。本学の教職課程は、キリスト教主義学校において教育と伝道の業に励みつつ、建学の精神を実質的に担う教師を養成することを目標とし、今日まで多くの優れた聖書科教師を輩出してきました。本学では、教育職員免許法及び教育職員免許法施行規則に定められた単位を修得することにより、次の免許状を取得することができます。
  • 中学校教諭専修免許状(宗教)
  • 高等学校教諭専修免許状(宗教)


大学院での学びは、以下の2つの選考に分かれることになります。これは、より専門的な学問的知識を身につけるためです。しかし、同時に、広い視野を獲得するために、他専攻からも一定の単位数の履修が義務付けられています。

聖書神学専攻

聖書神学専攻は、新約聖書学、旧約聖書学の諸科目を中心として、アラム語、シリア語などの語学学習を含む。修士課程2年次には、修士論文の作成を行うが、そのための修士論文指導演習も設けられ、きめの細かい教育がなされている。神の言として教会が語り伝えてきた聖書を、それが書かれた歴史の背景の中で読み直すとともに、聖書の原典にあたりながら、釈義する方法をもあわせて修得する。

組織神学専攻

組織神学専攻では、組織神学、歴史神学、実践神学の諸科目を中心として、体系的な神学研究を行う。聖書神学専攻と同じく、修士課程2年次に修士論文作成が課せられるが、そのための修士論文作成のための演習も充実している。組織神学専攻では、キリスト教の教理の体系化、さらに教理の真理性の弁証、古代から現代に至る神学思想の理解、さらに歴史的な文脈における教会や教理の理解、キリスト教教育、牧会学、説教学、現代の教会でのそれらの実践的課題などが研究対象となる。

授業科目一覧

前期課程後期課程
【聖書神学関係】
旧約聖書原典講読Ⅰ・Ⅱ
旧約聖書原典釈義Ⅰ・Ⅱ
旧約聖書神学特講Ⅰ・Ⅱ
旧約聖書学特研Ⅰ・Ⅱ
旧約聖書学演習Ⅰ・Ⅱ
聖書考古学
アラム語
シリア語
アッカド語
古代オリエント史Ⅰ・Ⅱ
新約聖書学特講Ⅰ・Ⅱ
新約聖書学演習
新約聖書学特研Ⅰ・Ⅱ
新約聖書原典釈義Ⅰ・Ⅱ

【組織神学関係】
組織神学特講Ⅰ・Ⅱ
組織神学特研Ⅰ・Ⅱ
組織神学演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
信条学

【歴史神学関係】
教会史演習
教理史演習Ⅰ・Ⅱ
教会史特講Ⅰ・Ⅱ
教理史特講Ⅰ・Ⅱ
英国教会史
【実践神学関係】
宗教社会学演習
教会音楽
キリスト教教育特講
牧会心理学特講
牧会カウンセリング特研
キリスト教教育特研
実践神学演習
臨床牧会教育
牧会心理学
*礼拝学演習
*説教学演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
*牧会学演習
*総合特別講義

【専攻間共同科目】
共同演習
アジア伝道論演習
日本伝道論演習

【論文演習】
修士論文指導演習旧約神学Ⅰ・Ⅱ
修士論文指導演習新約神学Ⅰ・Ⅱ
修士論文指導演習組織神学Ⅰ・Ⅱ
修士論文指導演習歴史神学Ⅰ・Ⅱ
【聖書神学関係】
旧約聖書神学特殊研究
旧約聖書文学特殊研究
旧約聖書原典特殊研究
聖書語学特殊研究
聖書考古学特殊研究
新約聖書神学特殊研究
新約聖書原典特殊研究
聖書解釈学特殊研究
原始キリスト教特殊研究

【組織神学関係】
教義学特殊研究
キリスト教倫理学特殊研究
弁証学特殊研究
組織神学特殊研究
現代神学特殊研究
組織神学共同演習
【歴史神学関係】
神学史特殊研究
宗教改革史特殊研究
日本宗教思想史特殊研究
教父学特殊研究

【実践神学関係】
キリスト教教化学特殊研究
キリスト教教育特殊研究

【論文演習】
博士論文指導演習聖書神学
博士論文指導演習組織神学

*実践神学研修課程として必修。

長期履修学生制度

この制度は、職業を有する等の事情により年間に履修できる単位数や研究・学習活動に充てられる時間が限られているため、標準修業年限(後期課程は3年)では大学院の教育課程の履修が困難な者を対象に、一定の期間にわたり計画的に教育課程を履修し修了することにより学位の取得を可能とする制度です。
詳しくは、長期履修生制度の概要 をご覧ください。
 

内地留学生制度

日本基督教団立神学校である東京神学大学では、その使命の一つとして、すでに伝道の最前線に立っておられる牧師方にリフレッシュの機会を提供しています。それが、「内地留学生制度」です。片学期16週間、2単位以上の講義等を自由に学ぶことができます。一時期学生に戻り、神学をあらためて学び直すことで、英気を養っていただければと願っています。

特別研究生制度

海外の教会から、本学の学位ならびに卒業資格の取得を目的とせず、1年間の神学研修を希望する方のために設けられた制度です。
詳しくは、特別研究生制度についてをご覧ください。