東京神学大学

Tokyo Union Theological Seminary

教育・研究活動

公開夜間神学講座の様子

ご一緒に学びましょう ~担当牧師より~

東京神学大学公開夜間講座は、開講から70年を超える歴史ある講座です。長きにわたって多くの方々が学ばれたこの講座の最大の魅力は、なんといっても講義の内容の豊さであります。

1年に10科目、2年で合計20科目。聖書神学や組織神学、歴史神学、実践神学といった、いわゆる「神学」はもちろん、音楽や美術、時にはメンタルケアに関する講義が行われる場合もあります。このように、色々な角度から学ぶことによって、聖書について、神様について、体系的に学ぶことができるのです。各科目、6回講義が行われますが、もっと学びたいと思えるほど、充実した講義が行われています。そして、20科目すべてを修了(各科目6回の講義中、4回以上の出席が条件)されると、講座修了となり、毎年3月に行われる修了式で修了証書が授与されます。

講座は、毎週月曜日と金曜日の午後6時から8時まで行われていますが、お仕事やご家庭の都合などで、すべての科目を受講できない方には、科目受講、あるいは聴講をお勧めします。科目受講は、3年以上かけて自分のペースで20科目を受講する方法です。実際、昨年、4年間講座に通い続けられ、修了された方もおられます。聴講は、興味のある科目のみを選択し、受講する方法です。週に2回、2年間通うのは難しいと思われる方も、まず、1科目からでも学び始めてみてください。そこから、新たな神学への興味も湧いてくると思います。

また、毎週の講義の他に、夏と春の2回、研修会が行われます。1泊2日で行われる夏期研修会は、講師の講演と分団による話し合いを中心に行われ、深い学びの時を過ごします。春季研修会は、銀座教会の礼拝堂をお借りし、講演会を行います。どちらの研修会も、受講生以外の方も参加できるプログラムで、より広い交わりと学びの時となっています。また、講義以外に、食事を共にしながら受講生同士の交わりを深めるクラス会やクリスマス祝会などの行事も予定されています。

この夜間神学講座は、その名の通り神学を学ぶことが目的です。しかし、単に個人の学びに留まるのではなく、神学を学ぶことで、自分の信仰をより深いものにし、その信仰と学んだ知識をもって、それぞれの属しておられる教会に奉仕することも、大きな目的であります。伝道の不振、教勢の低下、献身者の減少など、教会を取り巻く環境は、決していいとは言えないかもしれません。しかし、夜間講座に出席されている方々は、生き生きとし、喜んで学んでおられます。そして、それぞれの教会で、賜物を活かし、奉仕の業に励んでおられます。ですからぜひ、皆さんもこの学びの交わりに加わっていただきたいと思います。きっと、学びの喜びと共に、伝道の喜びに満たされることと思います。
 
日本基督教団江戸川松江教会牧師
夜間講座担当牧師  山下 泰嗣

行事のご案内

2018年度の主な行事

2018年3月26日(月)入学面談
4月2日(月)開講式
6月1日(金)クラス会
8月20日(月)~21日(火)夏期研修会
12月7日(金)クリスマス会
2019年3月1日(金)春季研修会
3月11日(月)修了式

受講生インタビュー

遅すぎることはない

38期生 大浦 浜雄
 受洗後二十数年してから夜間講座に入学しました。そのころ教会に通っていても信仰のかけらもない者のように思え、幾冊か読んだキリスト教関係の本も未消化のままでした。教会の言葉になれてしまい、信仰や罪がはっきりつかめていない思いが受講の動機です。
講座は、私の気づいていない神のみ心を中心に捉えたもので幾つもの謎が解け、大きな驚きでした。
去年(2016年)7月に腹膜系癌の宣告を受け、手術し、1箇月ほど入院しました。癌や死のことについては傍観者でいた者が突然その主人公になり、衝撃でした。不安や苦しみの中で寝ていると、これまで考えたこともない、いつしか心はゲッセマネの孤独なイエスと重なるように感じ、イエスは我が内におられることを刻み込まれたようで静かで安らかなものにからだが浸される思いがしました。そして、神にすべてを委ねて生きることに遅すぎることはない、と信じています。
講座で得たものは、今頃になって良く分かることがあり、新たな出発点になっています。

求めなさい。探しなさい。門をたたきなさい。

52期生 廣田 伊志子
年々、日々の生活が忙しさを増して、気がつくと一日が流れ過ぎ、やり残した事が多くなっています。が、今年は夏の研修会に参加することができ、新しい発見や気付きが与えられ、充実した時間をゆったりと過ごすことができました。夏の研修会は私にとって、日常生活を離れ、ただひたすら神様のこと、信仰生活のこと等に思いを集中できた貴重な時間でありました。夏の研修に参加したおかげで、今年は9月から月曜日の聴講を受けることができました。
夜間講座で学び始めた時は教会保育園で働いていました。月・金と週に2日の時間を作るのは大変でした。特に2年目は保育園の改築があって、いつも遅刻でした。席は100余名の一番後ろです。感謝なことは、教会の先輩がいつも遅れを取り戻せるようサポートしてくださったことです。今は早くに出席できて席も前の方に座れ、嬉しく思います。
夜間講座の学びは講師の先生方や他教会の方々との交わりを通して、自分自身や教会の中だけの交わり、信仰生活等の振り返りや前進の道標となってくれます。神様は私たちに必要なことは備えてくださっています。私たちが求め、探し、門をたたけばいつでも門は開かれます。

神様のみ心を知る

70期生 飯田 孝子
主の御名を讃美いたします。
宗教改革500年の記念の年をまん中に2016年入学、2018年卒業の70期生は宗教改革を意識しながら学びを深めました。気がつくと、もっと救おうとしてくださっている神様の恵みのみ心が私たちに向けられていました。成長させてくださる神様に支えられました2年間です。夜間神学講座は70年以上の歴史があり、その中で毎年2回、文集「ひろば」を発行しています。編集委員でした私は「ひろば90、91号」を担当。各号とも30人を下らない原稿の集まりには聖霊なる神様のお働きがいつもありました。成長させてくださる神様と向き合い、寄せられた思いにはイエス様の十字架と復活による救いが土台となって書かれていました。
文集「ひろば」は「語るひろば」となって山下牧師先生の教会をお借りして伝道について語り合い、1回目の伝道は聖書で読み解く「汚れなき悪戯」の上映となりました。共に学びました69期生の解説により富士見町教会で一般の方々も一緒になって、今、与えられた恵みに時を委ねました。
変わることのない御言葉、聖書の言葉は神様のみ心と私たちの心をつなげる命。つなげる命の響きが最後の場面を通して強く心に留まっています。共に学び集められた私たちは、十字架につけられたイエス様を宣べ伝えて行きたいと思います。
主にあって。

35年ぶりの学生生活!

70期生 半田 治
早期退職して自由な時間を得たので、以前から気になっていた本講座を受講することにしました。試験やレポートもない、もちろん単位取得もない本講座での学びは実に自由な信仰の営みです。社会的なご利益は何もありません。けれども、ここでの学びや交わりによって、これまでバラバラだった点と点がつながって線となるような感覚を味わっています。さらに、その線が信仰を広く豊かなものへと導く柱の一つとなっています。分野の異なる先生方から指導を受けることで、聖書を様々な角度からまた深く掘り下げて読む読み方を教えられました。美術や音楽、諸宗教との関わりなど歴史や文化をキリスト教の視点から読む目も養われます。教会の伝道不振についても深く考える契機となりました。
熱く語り、手引きしてくださる個性豊かな先生方に接することで、東京神学大学に特別な親しみを覚えるようにもなりました。後援会献金をする際の大きな励みとなっています。