東京神学大学

Tokyo Union Theological Seminary

入試案内

奨学金制度

奨学金について

本学では、経済的事情で召命への応答が妨げられないよう、また、学業を続けられなくなることがないよう、奨学金制度を設けています。

学内奨学金

学内奨学金の主な財源は、日本基督教団をはじめとする教会や教会員の方々、国内外のキリスト教主義の団体等から捧げられた、奨学金のための献金および大学の基金利息収入です。

入学時奨学金

奨学金概要本学の建学精神に則り、教会担任教師・教務教師・その他それに準ずる職務に就く献身の意志が明確である者の学びを奨励するための制度で、初年度授業料補助のための奨学金。
申請対象者学部入学試験合格者。
申請時期合格者発表後から、入学手続締切日まで。
選考方法本学入学にあたり本奨学金受給者として本学教授会の認めた者。
注意事項
  • 本奨学金受給にあたっては、期日までに入学金の納入を済ませる必要がある。
  • 本奨学金は東京神学大学奨学金規則第6条に定められている通り、教職者になることなく卒業・退学・学籍喪失する際には、全額返還義務が生じる。

一般奨学金

奨学金概要授業料補助奨学金。
申請対象者全学年。但し、前期は新入生・新編入生を除く。
申請時期前期分:前年度の12~1月 / 後期分:6月
選考方法奨学金委員会が審査したうえで、受給者及び支給額(給付額または貸与額)を決定する。
注意事項
  • 誓約書には、学生本人だけでなく、連帯保証人の署名・押印が必要。
  • 本奨学金は東京神学大学奨学金規則第6条に定められている通り、教職者になることなく卒業・退学・学籍喪失する際には、全額返還義務が生じる。

指定奨学金

奨学金概要全国の教会・団体・個人から寄せられた献金が財源の奨学金。支給期間は原則として採用年度の1年間。
申請対象者全学年。
申請時期在学生:前年度の12月~1月/新入生・新編入生・復学者等:4月
選考方法奨学金委員会が審査したうえで、受給者及び給付額を決定する。
※上記のほか、緊急に一時金の必要になった者に対して、貸与奨学金の制度があります。経済的に困難が生じた場合には、奨学金委員会にご相談ください。

日本学生支援機構奨学金

日本学生支援機構の奨学金は、経済的理由により修学が困難である優れた学生を対象とした、国が実施する貸与型の奨学金です。奨学金は、学生が自立して学ぶことを支援するために、学生本人に貸与し、卒業後、学生本人が返還していくものです。このことを理解し、有効かつ計画的に利用してください。

なお、日本学生支援機構では、申請者の人物・健康・学力・家計について総合的に判定を行い、奨学生としてふさわしい適格者を選考のうえ、奨学生採用候補者を決定することとしています。奨学金の貸与期間は、卒業・修了までの最短修業期間です。
名称対象貸与月額(2018年度実績)
第一種奨学金
【無利子】
学部自宅通学:3万円または5万4千円
自宅外通学:3万円または6万4千円
博士課程前期課程5万円または8万8千円
博士課程後期課程8万円または12万2千円
第二種奨学金
【有利子】
学部3万円、5万円、8万円、10万円、12万円から選択
博士課程前期課程5万円、8万円、10万円、13万円、15万円から選択
博士課程後期課程5万円、8万円、10万円、13万円、15万円から選択