>>ホーム学部・大学院教員組織/学長・芳賀 力山口隆康大住雄一棚村重行関川泰寛朴 憲郁神代真砂実小友 聡中野 実
W.ジャンセン焼山満里子小泉 健|須田 拓|長山 道|  (牧師たちの声)
焼山 満里子(Mariko Yakiyama)
 

准教授

略歴
 
1991年 国際基督教大学教養学部卒業
1994年 国際基督教大学大学院博士前期課程修了
1997年 東京神学大学大学院修士課程修了
1997年〜2001年

梅光女学院(現梅光学院)大学短期大学部宗教主任、
安岡教会協力牧師

2001年〜2007年 クレアモント大学院大学に留学
2007年 東京神学大学常勤講師 (新約聖書学)
2010年〜 東京神学大学准教授 (新約聖書学)
最終学位
  Doctor of Philosophy (哲学博士、クレアモント大学院大学)
学位論文題 

 Maximilla’s Redressing the Ignorance of Eve through Sexual Renunciation: A Comparison of the Acts of Andrew and the Writings of Clement of Alexandria (Ph.D diss. Claremont. Ann Arbor: University Microfilm, 2007).

所属学会

日本基督教学会
日本新約学会
American Academy of Religion
Society of Biblical Literature

専門分野

新約聖書学

関連分野

初期キリスト教史

長期研究テーマ

初期キリスト教における共同体・教会形成

短期研究テーマ

新約聖書および新約聖書外典にみられるキリスト論の発展

著書・発表論文

○「ローマ書6章における洗礼伝承についての再考」
           (『新約学研究』28号、2000年、15-26頁)
○「キリストの死にあずかる洗礼-ローマの信徒への手紙6章3、4節における
           『洗礼』についての一考察」(『神学』60号、1998年、243-260頁)
○「マルコによる福音書における物語時間の分析」(『梅光女学院大学論集』31号、
           1998年、21-30頁)
○R.B.ヘイズ(翻訳)『現代聖書注解コリントの信徒への手紙1』
           日本キリスト教団出版局2002年


 
焼山満里子(やきやままりこ)写真


▼メッセージ
 神学は長い歴史を持つ深遠な学問ですが、イエス・キリストの福音を宣べ伝えるために、学生の皆さんと共に忍耐と感謝をもって取り組んでいます。
 上へ ホームへ
リレーエッセイ

お問い合わせ先: 東京神学大学 (月曜日は事務室は休みです)
TEL. 0422-32-4185 FAX. 0422-33-0667   〒181-0015 東京都三鷹市大沢3-10-30  →Map
Copyright 2002 Tokyo Union Theological Seminary All Rights Reserved.