>>ホーム学部・大学院教員組織/学長・芳賀 力山口隆康大住雄一棚村重行関川泰寛朴 憲郁神代真砂実小友 聡中野 実
W.ジャンセン焼山満里子小泉 健|須田 拓|長山 道|   (牧師たちの声)
中野 実 (Minoru Nakano)
 
教授
略歴
 
1985年 東京神学大学神学部卒業
1987年 東京神学大学大学院修士課程卒業
1987〜1993年 日本基督教団 茨木教会担任教師
1993〜1994年 米国プリンストン神学校に留学(Th.M取得)
1994年〜2000年 米国クレアモント大学院大学宗教学部博士課程に留学(2001年Ph.D取得)
2001年4月〜 東神大で教える(新約聖書神学担当)
最終学位
  哲学博士(宗教)
米国クレアモント大学院大学(Claremont Graduate University)
学位論文題 

「神の民を罪から救う者イエス:マタイの救済論の研究」2001年

所属学会
日本聖書学研究所
日本新約学会
Society of Biblical Literature
専門分野
新約聖書学
関連分野
長期研究テーマ
新約聖書におけるキリスト論及び史的イエス研究
聖書解釈の方法論(特に正典批評)
共観福音書研究(特にマタイ福音書およびルカ文書)
短期研究テーマ
マタイ福音書、ルカ文書の救済論、キリスト論、初期ユダヤ教的背景
著書・発表論文
  • Minoru Nakano, "Jesus the Savior of God's People from Sin: A Study of Matthew's Soteriology." Ph.D diss. Claremont. Ann Arbor: University Microfilm, 2001.
  • 「小さな癒しの物語の中の大きな救いの物語:ルカ13:10−17とイザヤ58章(70人訳)」『神学63号』(東京神学大学神学会、2001年)80〜103頁。
  • 「救いと躓きの間:マタイの救済論に関する物語批評的考察」
    神学64号』、2002年。
  • 「『高いところからの力に覆われて』(ルカ24:49)―使徒行伝における聖霊と霊的生活」『紀要6号』東京神学大学総合研究所、2003年。
  • 「今日ヨハネ黙示録を読むために」『紀要6号』東京神学大学総合研究所、2003年。
  • (共同編著) 『新共同訳聖書事典日本基督教団出版局、2004年。
  • 「イエスとレプラの清め:イエスにとってイスラエルとは?」
    聖書学論集38日本聖書学研究所、2006年。
  •  『マタイの物語を味わう:救いとつまずきの間を歩む神の民』(聖書セミナー14号、日本聖書協会、2008年)
  • (監修)樋口進、中野実『聖書学用語辞典』(日本基督教団出版局、2008年)
  • 「『聖餐』の歴史的三つのルーツを探る:個性的であるがゆえに 魅力的な共同体形成を目指しつつ」『まことの聖餐を求めて』教文館、2008年。
  • 「『私たちも負債のある者たちを赦しましたように』:イエスの祈りとしての『主の祈り』」『神学』70号、2008年。
  • 「マルコ受難物語・注解ノート(1)」『神学』71号、2009年。
  • 「聖書の『ツァーラアト』『レプラ』をどう翻訳するか」
    『聖書翻訳研究32号』日本聖書翻訳研究会、2011年。
  • 「聖書の原典をたずねて(新約聖書編)」『聖書の翻訳とは:「聖書新共同訳」発刊20年ーそして次の聖書翻訳に向けて』 聖書セミナー15号、日本聖書協会、2011年。
  • 「赦しと裁きの間を生きる:マタイ18章をめぐって」
    『神学73号』東京神学大学神学会、2011年。
  • 「『見よ、私は最後のものを最初のもののように創る』:新約聖書における創造と終末」『神学74号』東京神学大学神学会、2012年。

 <訳書>

一覧BK1/一覧amazon/春原主義
 
中野実(なかのみのる)写真

▼メッセージ
  教会の歴史は、聖書解釈の歴史である。代々の教会は、聖書を正典として受け入れ、それを通して生けるまことの神の働きを理解し、それに相応しく自らを形成してきた。
  神学校において、私たちは聖書を多角的に(歴史的に、文学的に、神学的に)読む訓練を受ける。その学びの目的は、今も生きて働いておられる神の(イエス・キリストの)御業を理解する信仰の想像力を鍛えることである。

 

新共同訳 聖書事典
新共同訳 聖書事典


聖書学用語辞典

これだけは知っておきたい史的イエス
これだけは知っておきたい史的イエス 

 上へ ホームへ
リレーエッセイ

お問い合わせ先: 東京神学大学 (月曜日は事務室は休みです)
TEL. 0422-32-4185 FAX. 0422-33-0667   〒181-0015 東京都三鷹市大沢3-10-30  →Map
Copyright 2002 Tokyo Union Theological Seminary All Rights Reserved.