>>ホーム学部・大学院教員組織/学長・芳賀 力山口隆康大住雄一棚村重行関川泰寛朴 憲郁神代真砂実小友 聡中野 実
W.ジャンセン焼山満里子小泉 健|須田 拓|長山 道|   (牧師たちの声)
大住 雄一 (Yuichi Osumi)
 
教授
略歴
 
1979年 東京大学法学部卒業
同年 東京神学大学神学部第3年次編入学
1983年 同大学神学研究科博士課程前期課程修了
同年 同年後期課程に進学(1989年退学)
1985〜1989年  西ドイツ ベーテル神学校に留学(神学博士)
1983〜1985年  日本基督教団 大宮教会担任教師
1989〜1991年  日本基督教団 用賀教会兼務担任教師
1991年〜2004年 同教会兼務主任担任教師
1990年〜現在  東京神学大学常勤講師、助教授を経て教授
最終学位
  神学博士(西ドイツ ベーテル神学校)
Die Kompositionsgeschichte des Bundesbuches Exodus 20,22b-23,33, 1989 (= Orbis Biblicus et Orientalis 105, Fribourg / Goettingen, 1991)
所属学会
日本基督教学会
日本旧約学会
日本聖書学研究所
専門分野
旧約聖書神学

関連分野

長期研究テーマ
トーラーの解釈
短期研究テーマ
神の臨在を指し示すテキスト
著書・発表論文
論文
  • Deuteronomy, in: W.R.Farmer et al.(eds.), International Bible Commentary, Collegeville MN (The Liturgical Press), 1998.
  • 「神の臨在の保証 −出エジプトの目的とモーセの派遣−」
    神学63号』、2001年。
  • 「『詩篇研究』への補遺 −アルファベートうたをめぐって−」、大野惠正他編『果てなき探求 旧約聖書の深みへ[左近淑記念論文集]』
    教文館、2002年。
  • 「ノアの子らの系図 −聖書の中の世界−」『神学64号』2002年。
  • 「汝の父と汝の母を敬え」、小友聡他編『テレビンの木陰で』
    教文館、2002年。
  • 「民の選びの歴史性−『旧約聖書と教会』の主題に向けて−」『神学66号』、2004年。
訳書

一覧BK1一覧amazon春原主義

 

 
大住雄一(おおすみゆういち)写真

▼メッセージ
  テキストというものの問いかける言葉が、いかにして聖なる言葉であるか、いかにしてキリスト証言であるか、そしていかにして、共同体の歴史であるか、このことを究明するために必要な古代語学、言語の哲学、解釈学、歴史学、社会学、考古学、その他あらゆる分野の学問と取り組みます。
旧約は深く、遠く、そして、きわめて刺激的だと感じています。

キリスト教とユダヤ教―キリスト教信仰のユダヤ的ルーツ
キリスト教とユダヤ教―キリスト教信仰のユダヤ的ルーツ 教文館
 上へ ホームへ
リレーエッセイ

お問い合わせ先: 東京神学大学 (月曜日は事務室は休みです)
TEL. 0422-32-4185 FAX. 0422-33-0667   〒181-0015 東京都三鷹市大沢3-10-30  →Map
Copyright 2002 Tokyo Union Theological Seminary All Rights Reserved.